てんかん患者はスポーツをする事ができない!という見解は大きな間違いです。てんかんについての知識を正しく学ぶことで、てんかん患者の生活の支障を軽減させることは可能です。

ラミクタール画像

てんかん患者は水泳をしてもよいのか

私たちが日常の生活を送る上で必要不可欠な存在となっているのが脳の働きです。私たちの感情や思考、行動などはすべて脳によって制御され、その命令は電気信号というかたちで神経を駆け巡ることになります。調和の取れた電気信号が神経というネットワークを流れることで全身の筋肉を上手に動かすことができ、正常な知覚や意識を保つことができるのです。
しかし、私たちの中には脳神経から異常な電気信号を発してしまうてんかんという脳疾患を持った人がいます。てんかんという疾患を持っている人の場合、何らかの拍子で電気信号が乱れてしまうことがあります。その際には意識の消失や混濁、全身の痙攣などが起こることが多く、水泳時に発作が起きた場合には生命に関わることもあります。
しかし、てんかんという疾患を持っているからといって必ずしも水泳などの運動ができないかというと、それは一概に判断することはできません。
通販などで購入できるラミクタールなどの治療薬を服用することでてんかんの発作はある程度コントロールすることができるからです。医薬品は原則として医師による処方が必要ですが、海外において認可されているラミクタールのような医薬品に関しては通販などで購入することは禁止されてはいません。そのため、日本国内で販売されている医薬品よりも安価に購入したい場合には、ネット販売を利用する手段があります。
しかし、ネット販売や通販を利用してラミクタールなどの医薬品を購入する場合には注意しておきたいことがあります。ネット販売や通販で医薬品を購入する場合、業者と直接顔を合わせることがありません。そのため、偽の薬や粗悪な薬などを売りつけられてしまう恐れもあるからです。そのため、ネット販売や通販で医薬品を購入する場合には信頼できる業者選びがとても重要になってきます。