てんかん患者はスポーツをする事ができない!という見解は大きな間違いです。てんかんについての知識を正しく学ぶことで、てんかん患者の生活の支障を軽減させることは可能です。

ラミクタール画像

てんかん患者の運動制限

てんかんという症状があります。
脳の中では、神経細胞がお互いに電気信号でもって連絡を取り合っています。
ですから、いつも調和の取れた活動ができているのです。
しかし、何らかのタイミングで、その電気信号の統一性が乱れてしまったら、身体に異変が起こってくるのです。
意識をなくしてしまったり、体を極端に動かすような痙攣が起こったり、あるいは、突然、動きが止まってしまうという症状があらわれてきます。
こういった発作の繰り返しが、てんかんなのです。
てんかんの治療は、内服での治療がメインとなっています。
基本的には1種類の内服薬で治療しますが、ケースによっては、複数の薬を飲まないことには円滑にコントロールできない場合もありますので、多種の薬の服用を余儀なくされることもあります。
代表的な抗てんかん薬の一つに、ラミクタールがあります。
ラミクタールとは、ラモトリギンの商品名の医薬品です。
てんかん以外にも、双極性障害の気分安定薬としても処方されることがあります。
ラミクタールの用法・用量は、他の薬との併用によって、投薬量や漸増量が異なってきますので、必ず、医師の指示に従いながら、服薬しなければなりません。
また、血中濃度を一定に保つ必要がありますので、定期的に服薬することが求められます。
なお、ラミクタールは、そのジェネリック医薬品がネット販売されています。
ネット販売ですから、安価で求めることができます。
ただし、通販による医薬品購入は、医師の指導が受けられない側面がありますので、その点の注意が必要です。
通販の医薬品だからといって、リスクが大きいわけではありませんが、もし服用していて異常を感じたら、すぐに医師に相談に行くことが大事です、
ネット販売での医薬品購入に関しては、この注意は共通しています。
通販の簡便さは多忙な現代人にはありがたいのですが、反面、リスクも承知しておかなければなりません。